読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放っといてくれ。

追っかけやってます

何度でも言う。私は痛い。

何故わたしがこんなにも痛いおたくを叩き、その定義や不可解な部分をつらつら述べないと気が済まないのかというと、気を抜くと自分自身もすぐに痛いおたくになってしまうからだ。

まずはこれだけ最初に宣言しておきたい。

 

わたしは決して純粋に応援だけ出来る聖女じゃないし、それなりの見返りは求めてしまう。けれどそれが正しいファンの形じゃないことは知っているし、本能のままに生き、動くおたくを見ると腹が立つ。

しかしそれはやはり羨ましいというか、妬みであり、本当は自分も本能のままに痛いおたくをやりたいのだ。

 

その証拠に、推しのリプ欄のチェックがやめられない。最近この人よく出てくるなと思うとプロフィールを見に行ってしまうし、名前を覚えて時々ツイートを見に行ってしまうような相手もいる。

所謂「監視」というやつだ。しかし凸をしたり潰しや叩きを行うわけではない。

ただ見て、色々考えて、自分はこう思うなあと言った適当な持論をこんなところにつらつら書いてみたくなるだけ。

 

しかし不思議な心理である。

被りが嫌いなわけではないが、気になる相手の行動はやはり人間気になってしまうものなんだ。仲良くしようとは絶対に思わないけれど。

 

しかしリア恋ではないし、これからもそうはならない。そもそもなる要素がない。追っかけの対象は違う世界の人間なんだから。

それに特に自分がファンの中で1番でいたいとも思わないな。自分よりイベント通っている人がいても、自分より高価な差し入れを持ってる人を見ても、特に何も思わないかな。

 

それでもリプ欄の監視と推しさんのツイートはリプライからRTまで全部見るの辞めれないんだよね。

監視とかストーカーというより、その人に因んだ全てのものを知りたいって感じかな。

だって萌えない?こんな顔文字使うんだ、とか、この言葉よく使ってるな口癖かな、とかちょっとした誤字とかさ。この人も人間なんだなって思う、当たり前だけど。

 

こんなことまで考えるからやっぱり自分痛いなって思っちゃうんだよね。

 

 

でもやっぱり行動はちゃんとしていたいし、本能のまま動くおたくはやっぱりどうかと思うよ。推しさんに迷惑かけてまでおたくする意味や美学はどこにも見つからないしね。

 

最近の私の痛いエピソードは、開場待ちの間に廊下で耳すませたらキャストさん同士の話し声聞こえて来て聞き耳たててしまったことかな。

悪いことが聞こえて来たら嫌だなと思ってたけどすごい、ファンが聞いたら心が温かくなるような話をしていて、嬉しくなった。

 

余談だけどその後キャストさん(私の推しじゃないけど)が飲み物買いに?外出て来て並んでるファンに「楽しんでくださいね!」てわざわざ一言くれたんだけど、それに対して「おまえが楽しませろよ」みたいなこと前に並んでる人がボソッと呟いててめっちゃ怖かった。

 

だからこの現場では絶対友達を作ろうと思いません。ファン同士の睨み合いもそうだしキャストさんに対する態度も、そこまで空気悪くして何がしたいのって思う。

私のこのブログもそうかもしれないけどさ、どこの現場の誰かも書いてないから許してほしい、ちょっと愚痴をこぼしたいだけだから。

 

そういう痛いファンになりたくないので今日も私はどこかに痛いファンがいないか推しのリプ欄をしっかり警備してます。その行動がもう痛いよってね。放っといてください。