読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放っといてくれ。

追っかけやってます

珍しく真剣に推しを語る。

きっかけは色々違うんだけど、本気で推したい!って思う瞬間は必ず決まっていて。

それは好きなことを楽しんでいる表情を見た時かなと思う。

 

今の推しさんはある場所で一目惚れして名前調べてちょこちょこイベントとか遊びに行ってるうちにすごく良い表情が目につくようになって本気で推そうって決めた。まあ大体そのパターンかな。

 

こう、色んな応援の仕方があると思うんだけど私は大分ストーカー気質ではあるし(気質なだけで行動には起こさない安全なストーカー)パフォーマンスを好きになったらその人の人間性まで絶対好きになるけどリア恋の気は全くない。

ただその人を応援してずっと見守って行きたくなるタイプの追っかけです。(ストーカー的な意味ではなく)

 

でもその見守りにもゴールはある。

推しさんの名前を出さないのは認知が怖いからなんだけど過去推してきた彼の名前は出してもさすがに認知されないだろうと信じて言う。

私はずっと菅田将暉くんの追っかけでした。

仮面ライダーの頃からずっと推してた。

当然人間性というか彼の人生がまず大好きだった。

スカウトでデビューして高校在学中に東京へ出てきて仕事をしていた彼。高校の友達との別れ話や役者としての人生を歩むことへの決意とかもう泣けるんだこれが。

私は彼のミニシアター作品や小さな舞台作品を愛しつつも、絶対に万人ウケして大ヒットする俳優になると信じてた。

そしてそうなるのを見届けたかった。そして彼は見事若手俳優という括りをぶち壊し、日本のテレビ業界が誇る売れっ子の俳優となったのだ。そう思ったのはauのCMに出た頃だ。

熱が冷めたのではなく、「ああ、遂にここまで来た」と思った。そして私は彼の情報をこまめに追うのをやめた。

私の中で彼の物語が終わってしまったのだ。

 

好きなことをしている人が好きな大前提として、まず私は人が大好きだ。

誰かの人生にどんなことが起こって、どんなことを感じて、どんな選択をしながら生きていくのかを見るのが好きだ。

 

そのきっかけとなるのが表現であり、人前に出ているから見つけられる。人前に出る表現者を追いかけるから、私は追っかけなんだ。

 

今、応援している彼は、今の仕事で食べて行く気はない。ファンの前ではっきりとそう明言している。

彼のパフォーマンスが好きなファンはそれで食べて行く気がないと聞いてがっかりしただろう。私ももちろん彼のパフォーマンスが好きなのでがっかりはする!けど、彼がどんな道を選んで、何をしながら飯を食って行くのかは、彼の人生だ。

私が見たいのはその人の人生。いつも熱い話を聞かせてくれる、好きなことに一生懸命な推しさん。本当に大好き。かっこいいし素敵だし元気がもらえる。

何を選んでもいい。何を選んでも応援するし、選ぶのが人前に出る仕事でもそうじゃなくても、彼に決断の時が来れば私はまた見届けた気分になるんだと思う。

 

彼が1番良い決断を出来るように。

ファンには見守ることとお金を払うことしか出来ないけれど、それが応援になるならいつだって全力で追っかけをする。

この時間が彼にとって少しでも人生の中でキラキラ輝く素敵な時間になると良い。