読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放っといてくれ。

追っかけやってます

痛いおたくは嫌いだけど自分も痛いです

痛いおたくっていうか迷惑かける人が1番嫌い

人を不快にさせる人も嫌い。

前回書いたような貶し愛とかを誰からも見える場所で堂々と自分がさも正義かのようにしちゃう人も嫌。

 

自分を特別だと信じてやまないのも嫌い。キャストから見た追っかけはみんな同じラインだからね。

そりゃ認知あるかないかとか、手紙や差し入れや花なんかでキャストもある程度はファンのこと覚えたり何か思ったりはするだろうけど。

 

自分を痛いと思うのは、人前に出る仕事以外の職場にその人を追っかけて通ってること。

追っかけ、は人前に出る仕事をしてる人に対して使う言葉だと思うんだけどそうじゃない場所にまで私はその人を追っかけてしまっているから自分を痛いと思ってる。

 

でも決してさっき挙げたように自分を特別だと思ったことはないし、認知あるのはわかってるけど推しが自分に対して特別な感情を抱いたり贔屓してもらいたいなと思って行ってない。

それに一方的に押しかけてるわけでもない。推しさんがもう1つの職場で自分のファン向けによかったら来てみてね、と告知をしたので行ったまでだ。告知がある前から職場特定はしてたけど(直接押しかけたり行動には起こさないが私は脳がストーカー気質)その前に押しかけたりしたことはない。

 

キャストにとってファンは金ヅルでしかない。

ファンの人向けに職場公開したってことは売上になると思ってしていることだしそこで自分が返せるものってお金しかないと思う。

もちろん職場へ遊びに行けば払ったお金分の対価はもらえる。それ以上は求めない。

 

でもいくらファン向けに職場公開してるからって自分が痛いことは変わらないと思う。

純粋にその人のパフォーマンスが好きでおたくやってる人はその人のパフォーマンスが見れる現場にだけ通えばそれで十分だろうし。

私はどこかでそうじゃなくなった。好きになったのはパフォーマンスだけどやっぱり追いかけたいのは人だから。好きなのはパフォーマンスだけどもちろんそれだけじゃない。人柄も好きだしお話するのも好き。ファンへの対応も好きだしだから対応をもらいたい。

 

今更「パフォーマンスが好きだから」と綺麗事を言ってパフォーマンスの見れる場所にだけ行く気もない。

その人を応援したいからその人のすることすべてを応援したい。

お金を払えば見返りがもらえる。それが私は欲しい。でもそれ以上は求めない。

 

それでもはたから見ると私は痛い。

ファンはパフォーマンスだけを求めないといけないような暗黙の掟があるから、別の職場に通ってるだけで痛常のレッテルを貼られる。放っといてほしい。それが私の応援スタイルだから。まあ痛くていいんだけど。とりあえず放っといてください。