読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放っといてくれ。

追っかけやってます

何度でも言う。私は痛い。

何故わたしがこんなにも痛いおたくを叩き、その定義や不可解な部分をつらつら述べないと気が済まないのかというと、気を抜くと自分自身もすぐに痛いおたくになってしまうからだ。

まずはこれだけ最初に宣言しておきたい。

 

わたしは決して純粋に応援だけ出来る聖女じゃないし、それなりの見返りは求めてしまう。けれどそれが正しいファンの形じゃないことは知っているし、本能のままに生き、動くおたくを見ると腹が立つ。

しかしそれはやはり羨ましいというか、妬みであり、本当は自分も本能のままに痛いおたくをやりたいのだ。

 

その証拠に、推しのリプ欄のチェックがやめられない。最近この人よく出てくるなと思うとプロフィールを見に行ってしまうし、名前を覚えて時々ツイートを見に行ってしまうような相手もいる。

所謂「監視」というやつだ。しかし凸をしたり潰しや叩きを行うわけではない。

ただ見て、色々考えて、自分はこう思うなあと言った適当な持論をこんなところにつらつら書いてみたくなるだけ。

 

しかし不思議な心理である。

被りが嫌いなわけではないが、気になる相手の行動はやはり人間気になってしまうものなんだ。仲良くしようとは絶対に思わないけれど。

 

しかしリア恋ではないし、これからもそうはならない。そもそもなる要素がない。追っかけの対象は違う世界の人間なんだから。

それに特に自分がファンの中で1番でいたいとも思わないな。自分よりイベント通っている人がいても、自分より高価な差し入れを持ってる人を見ても、特に何も思わないかな。

 

それでもリプ欄の監視と推しさんのツイートはリプライからRTまで全部見るの辞めれないんだよね。

監視とかストーカーというより、その人に因んだ全てのものを知りたいって感じかな。

だって萌えない?こんな顔文字使うんだ、とか、この言葉よく使ってるな口癖かな、とかちょっとした誤字とかさ。この人も人間なんだなって思う、当たり前だけど。

 

こんなことまで考えるからやっぱり自分痛いなって思っちゃうんだよね。

 

 

でもやっぱり行動はちゃんとしていたいし、本能のまま動くおたくはやっぱりどうかと思うよ。推しさんに迷惑かけてまでおたくする意味や美学はどこにも見つからないしね。

 

最近の私の痛いエピソードは、開場待ちの間に廊下で耳すませたらキャストさん同士の話し声聞こえて来て聞き耳たててしまったことかな。

悪いことが聞こえて来たら嫌だなと思ってたけどすごい、ファンが聞いたら心が温かくなるような話をしていて、嬉しくなった。

 

余談だけどその後キャストさん(私の推しじゃないけど)が飲み物買いに?外出て来て並んでるファンに「楽しんでくださいね!」てわざわざ一言くれたんだけど、それに対して「おまえが楽しませろよ」みたいなこと前に並んでる人がボソッと呟いててめっちゃ怖かった。

 

だからこの現場では絶対友達を作ろうと思いません。ファン同士の睨み合いもそうだしキャストさんに対する態度も、そこまで空気悪くして何がしたいのって思う。

私のこのブログもそうかもしれないけどさ、どこの現場の誰かも書いてないから許してほしい、ちょっと愚痴をこぼしたいだけだから。

 

そういう痛いファンになりたくないので今日も私はどこかに痛いファンがいないか推しのリプ欄をしっかり警備してます。その行動がもう痛いよってね。放っといてください。

ファンの美学

ひとつの仕事が突然終わってしまった。

何も知らされていなかった。当たり前に続くと思っていた。

まだ今日のことなので、心の整理がついてない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生半可な気持ちで高いお金を出してるわけじゃなかった。

だからってわたしはリア恋じゃないし、何か見返りを求めていたわけでもない。

ただその場所へ向かう道が楽しくて。帰り道にはまた次の機会に想いを馳せて。

そんな道程を、日常の一部を失うのが本当に悲しかった。

 

もう一度言う。断じてリア恋じゃない。関係ないという人もいるかもしれないが私には彼氏もいる。リア恋じゃない。

けどあまりにも急すぎた。どうして気づかなかったんだろう。沢山のサインを出していてくれてたはずなのに。

 

 

 

どんなにお金を出して応援しても所詮一ファンでしかない。

当たり前のことなんだけど。その辺はすごくドライ。

でも誰にでも温度差のない同じ対応で、丁寧な彼が好きだ。

 

今の私のこの気持ちは完全にエゴだってわかってる。

でもこの我儘なエゴは、現場の特性をわかっていてもこの終わり方を納得しようとはしない。

 

なんて馬鹿なんだろ。

始まる予感がしてた次のお仕事だって、今のお仕事のシフトを避けて予定組んだりして。

 

 

本当に落ち込んでるしめちゃくちゃ悲しいけど、

幸せなんだろうな、わたし。好きな人にお金が使えて、

僅かだけれど少しの見返りがもらえて。

その時間が本当に幸せだった。

 

先週のサプライズだって彼はとっても考える人だから、タイミングも見計らってあんなことをしてくれたんだと思うんだ。

体の調子を教えてくれたりヒントもくれてた、何も考えられずにエゴを前面に押し出してたのはわたし。

 

 

全部気づけなかったわたしの落ち度だし、

でも今回のことは落ち込むようなことじゃないはず。

わたしは大好きな彼にお金を落とせて幸せだった。

それは今日で終わってしまったけれど完全におしまいになったわけじゃない。

彼の仕事は続く。やりたいことはまだあと1年続く。

これが彼の新しい第一歩。

そう考えると、応援しなくちゃ、気力が湧いてくる。

 

 

向こうは割り切るのが仕事。

ならファンも割り切ってお金を払うのが義務。

落ち込む暇があるなら働いて稼ぐ。

彼が私にくれたほんの少しの見返りを、優しさを、どんな形にできるか考える。

 

それがファンの、私の美学。

ひとつのお仕事が終わりましたね。

今まで本当に感謝しかありません。次の仕事も頑張ってもらいたいです。

DDが嫌い

かくいう私も推しは複数いるんですけどね。

同じ現場で何人も推すのは無理です。

推しさんに失礼だと思うし何より気力と財力と体力が持たない。

 

同じ現場で何人も推す人って、なんなんだろ。うちの現場はDD多いと思う。ちなみにDDの基準って人それぞれだと思うんですけど、ひとつの現場で推しを2人以上作らない私の基準で行くと2人以上本命が居る時点でもうDDです。

 

好きでいるだけならいいと思う。

ただうちの現場は距離が近いから交流がある。その交流もとてもフリーなものなので制限もない。

つまり一度捕まえてしまえばキャストさんの良心が許す限り際限なく時間が過ぎて行くというわけだ。

 

何がめんどくさいかというと。

自分の本命さんのところにDDが来た時のやりきれなさ。

あ、エゴですよ。わたしのエゴ!でもね、際限なく過ぎて行く時間は際限がないわけじゃないんです。限られたものなの。

あなた他にも推しいるじゃない!!私にはこの人だけなの!!

みたいな気分になるよねー。

 

んーそれにあっちもこっちもって回転寿司しながらトークしたりツーショしたり出来る神経もわからない。

自分のファンが他のキャストさんと喋ってるとこまで見てるとは思わないけど、あなたを応援してます!と宣言する限りはフリだけでもその人だけのフリをするべきじゃないのかな?

 

こういうフリってすごく大事じゃない?

逆にゲスト出演とかで推しさんがメインのイベントじゃないときは、メインさんをたてる意味でも、わざと推しさんのところにはグイグイ行かないようにする。

マナーというか印象というか。そういうの大事だと思ってるので。

 

DDが悪いとは思ってない。ただ印象は良くないよね。

って、ただまあそれだけの話です。

別に親の仇なわけじゃないんですけどDDはとにかく好きになれないです。

 

珍しく真剣に推しを語る。

きっかけは色々違うんだけど、本気で推したい!って思う瞬間は必ず決まっていて。

それは好きなことを楽しんでいる表情を見た時かなと思う。

 

今の推しさんはある場所で一目惚れして名前調べてちょこちょこイベントとか遊びに行ってるうちにすごく良い表情が目につくようになって本気で推そうって決めた。まあ大体そのパターンかな。

 

こう、色んな応援の仕方があると思うんだけど私は大分ストーカー気質ではあるし(気質なだけで行動には起こさない安全なストーカー)パフォーマンスを好きになったらその人の人間性まで絶対好きになるけどリア恋の気は全くない。

ただその人を応援してずっと見守って行きたくなるタイプの追っかけです。(ストーカー的な意味ではなく)

 

でもその見守りにもゴールはある。

推しさんの名前を出さないのは認知が怖いからなんだけど過去推してきた彼の名前は出してもさすがに認知されないだろうと信じて言う。

私はずっと菅田将暉くんの追っかけでした。

仮面ライダーの頃からずっと推してた。

当然人間性というか彼の人生がまず大好きだった。

スカウトでデビューして高校在学中に東京へ出てきて仕事をしていた彼。高校の友達との別れ話や役者としての人生を歩むことへの決意とかもう泣けるんだこれが。

私は彼のミニシアター作品や小さな舞台作品を愛しつつも、絶対に万人ウケして大ヒットする俳優になると信じてた。

そしてそうなるのを見届けたかった。そして彼は見事若手俳優という括りをぶち壊し、日本のテレビ業界が誇る売れっ子の俳優となったのだ。そう思ったのはauのCMに出た頃だ。

熱が冷めたのではなく、「ああ、遂にここまで来た」と思った。そして私は彼の情報をこまめに追うのをやめた。

私の中で彼の物語が終わってしまったのだ。

 

好きなことをしている人が好きな大前提として、まず私は人が大好きだ。

誰かの人生にどんなことが起こって、どんなことを感じて、どんな選択をしながら生きていくのかを見るのが好きだ。

 

そのきっかけとなるのが表現であり、人前に出ているから見つけられる。人前に出る表現者を追いかけるから、私は追っかけなんだ。

 

今、応援している彼は、今の仕事で食べて行く気はない。ファンの前ではっきりとそう明言している。

彼のパフォーマンスが好きなファンはそれで食べて行く気がないと聞いてがっかりしただろう。私ももちろん彼のパフォーマンスが好きなのでがっかりはする!けど、彼がどんな道を選んで、何をしながら飯を食って行くのかは、彼の人生だ。

私が見たいのはその人の人生。いつも熱い話を聞かせてくれる、好きなことに一生懸命な推しさん。本当に大好き。かっこいいし素敵だし元気がもらえる。

何を選んでもいい。何を選んでも応援するし、選ぶのが人前に出る仕事でもそうじゃなくても、彼に決断の時が来れば私はまた見届けた気分になるんだと思う。

 

彼が1番良い決断を出来るように。

ファンには見守ることとお金を払うことしか出来ないけれど、それが応援になるならいつだって全力で追っかけをする。

この時間が彼にとって少しでも人生の中でキラキラ輝く素敵な時間になると良い。

差し入れについての極論

イベントに行ってきました。

舞台のアフタートークショーだったんですけど舞台の感想を書いた11枚に及ぶ超大作の手紙を家に忘れて出掛けるという失態を犯した。

 

というわけで急いでコンビニで差し入れを用意したんだけどろくなものにならなかったよね。

差し入れは自己満という持論があるけど今日の差し入れは自己満にも程があったわ。

 

少し歩けば買い物出来そうな場所は沢山あったんだけど何せ私は物を贈るのが得意ではない。

身につけるものはセンスや好みが別れるし、食べ物だって沢山もらえばただ腐るだけ。人によっては知り合いにあげたりする人もいるだろうけどそれもまた手間だしね。

 

あげるなら消耗品かな。ちょっと前までは入浴剤のギフトセットとか推しさんによくプレゼントしてたけど入浴剤っていちいち浴槽丁寧に洗わないといけないし、お疲れの大好きな人に風呂洗いまでさせるのか私はと思うと贈れなくなってしまった。

 

寒い時期ならカイロとか、暑い時期ならなんか叩くと凍るやつとか、そんなんなら絶対使うし済んだら捨てれるしペンでちょっとメッセージなんかも書けるから好き。

 

消耗品というか使えるゴミを渡すようにしてる。形に残るもの贈るのはやっぱり得意じゃないから捨てれるものがいいけど実用性は考えてます。カイロとかギフトカードとか最高の使えるゴミだよね。絶対使うし処理にも困らない。

 

ちなみに手紙はただのゴミだと思ってます。紙くずです。だから手紙を手紙のまま渡すことは絶対ないかな。手紙の中に絶対ギフトカード入れるし「手紙です」って言って渡さない。例えば「iTunesカードいれてます。あ、あとついでに手紙もあるのでよかったら読んでください」みたいな。読んでもらえてると思うのはちょっと思い込み激しすぎだから書いた内容についても後から言及したりしないかな。

寧ろ向こうから何か言われても内容言われるまで待って「あ〜そんなん書きましたね!読んでくださったんですねありがとうございます」ってしらこく構えとく感じ。

 

ちなみにそのギフトカードだけど

まあほぼ現金そのものなのでもしかしたら申し訳ないなあと思いながらもらってもらってると思うとこっちが申し訳ないので最近ちょっと悩んでる。考え出すとキリないし何も渡せなくなるんだけどね。

そんな感じで差し入れは色々考えたり悩んだりして自分の中でどんどんルールが変わっていってます。

痛いおたくは嫌いだけど自分も痛いです

痛いおたくっていうか迷惑かける人が1番嫌い

人を不快にさせる人も嫌い。

前回書いたような貶し愛とかを誰からも見える場所で堂々と自分がさも正義かのようにしちゃう人も嫌。

 

自分を特別だと信じてやまないのも嫌い。キャストから見た追っかけはみんな同じラインだからね。

そりゃ認知あるかないかとか、手紙や差し入れや花なんかでキャストもある程度はファンのこと覚えたり何か思ったりはするだろうけど。

 

自分を痛いと思うのは、人前に出る仕事以外の職場にその人を追っかけて通ってること。

追っかけ、は人前に出る仕事をしてる人に対して使う言葉だと思うんだけどそうじゃない場所にまで私はその人を追っかけてしまっているから自分を痛いと思ってる。

 

でも決してさっき挙げたように自分を特別だと思ったことはないし、認知あるのはわかってるけど推しが自分に対して特別な感情を抱いたり贔屓してもらいたいなと思って行ってない。

それに一方的に押しかけてるわけでもない。推しさんがもう1つの職場で自分のファン向けによかったら来てみてね、と告知をしたので行ったまでだ。告知がある前から職場特定はしてたけど(直接押しかけたり行動には起こさないが私は脳がストーカー気質)その前に押しかけたりしたことはない。

 

キャストにとってファンは金ヅルでしかない。

ファンの人向けに職場公開したってことは売上になると思ってしていることだしそこで自分が返せるものってお金しかないと思う。

もちろん職場へ遊びに行けば払ったお金分の対価はもらえる。それ以上は求めない。

 

でもいくらファン向けに職場公開してるからって自分が痛いことは変わらないと思う。

純粋にその人のパフォーマンスが好きでおたくやってる人はその人のパフォーマンスが見れる現場にだけ通えばそれで十分だろうし。

私はどこかでそうじゃなくなった。好きになったのはパフォーマンスだけどやっぱり追いかけたいのは人だから。好きなのはパフォーマンスだけどもちろんそれだけじゃない。人柄も好きだしお話するのも好き。ファンへの対応も好きだしだから対応をもらいたい。

 

今更「パフォーマンスが好きだから」と綺麗事を言ってパフォーマンスの見れる場所にだけ行く気もない。

その人を応援したいからその人のすることすべてを応援したい。

お金を払えば見返りがもらえる。それが私は欲しい。でもそれ以上は求めない。

 

それでもはたから見ると私は痛い。

ファンはパフォーマンスだけを求めないといけないような暗黙の掟があるから、別の職場に通ってるだけで痛常のレッテルを貼られる。放っといてほしい。それが私の応援スタイルだから。まあ痛くていいんだけど。とりあえず放っといてください。

鍵なし垢で何でも呟いちゃう人に凸した話

エゴサってどう思いますか?

私は人前に出る仕事をしてらっしゃる中でしてない人はいないと考えてます。

 

今回の話はまあタイトル通りなんですけど。

鍵なし垢で何でも呟いちゃう人って、エゴサしないタレントはいないってのと同じくらいどこの現場にもいる人だと思うんですよね。

 

私は鍵なし垢だとその人のこと話すのも怖いです。

もちろん前の記事に書いたように私は今同じ現場の人と関わらないことにしてるのでファンに見つかるのだって怖いし。

もし自分の書いたことが良いことでも悪いことでも推しさんの目に触れて不愉快な気持ちにさせてしまったら、と思うと本当に怖い。

 

この間舞台があって鍵なしでハッシュタグを使って推しさんのこと書いたけど(広報にもなるし、演出家さんの目に止まれば次の仕事にも繋がるかもだから)そういう時は読んだらどんな気持ちになるかめちゃくちゃ考えて書くし日本語にもすごく気を遣います。

 

自意識過剰とかではなく、だって推しさんは自分の名前が入ったツイートは確実に全部見てるから。

そんな公開垢で何でも呟いちゃう人がいた。

貶し愛ってどう思います?愛のある貶しってつまり何なの?身内同士でなら盛り上がるかもしれないけどそれをする人はキャストの目に入るってわからないかな?

 

わかってない。うちの現場は下品なファン多いしそんな人もちろん多いって知ってた。

でも私の推しはめちゃくちゃ人気ってわけでもないから目につく人も数人なので基本は放っておきます。

凸の記事だけど私はそんなしょっちゅう凸する人じゃないです。手遅れな人にはしないし、そうじゃなくてもタイミング合わなきゃしません。

 

今回はたまたま耳を貸してくれそうな人のツイートが目について、たまたま舞台前だったからこれからエゴサも盛んになるだろうなってタイミングで、たまたま自分に元気があったので凸しました。

先にも言ったように、してる人は絶対わかってない、気づいてない。その自分の言葉が誰かを不快にすることもあるって。それは同じファンとして少し可哀想だし。

それに、私は捻くれてるけど推しさんへの愛は真っ直ぐだから、ファンを嫌いになってほしくない。

 

そんな思いで凸したらまぁ、伝わったわ。

不快な思いをさせてしまってすみませんって。

応援する以上言動には気をつけないとですねって。

まあその通りです。エゴサ怖いから、本人にも絶対見られてるってことは忘れたくないよね。鍵なし垢が完全にリプ専用の私にはあんまり関係ないけど。

 

余談。

ほんですぐそのリプ消したんだけど凸した相手が痛常だったから案の定私の凸ツイートもにちゃんに晒されたよね!放っといてください!!!